Bグループ決勝進出

2018.06.10 12:00|シャドウバース
グランプリイベントやってみたくて久しぶりにシャドウバースで遊んでみました。

ルールとかあんまりよくわかってないんだケド・・・

5戦やって4勝するとAグループ、3勝だとBグループへ進出で
2回の予選を突破すると決勝ラウンドへ参加できるのかな?

その辺よくわかんなくても対戦そのものは特に変わりはないから
とりあえず勝てば良いやぐらいの感覚で突撃!


その結果ボロ負け(;´д`)

ずっとやってなかったから最近のカード効果よくわからないのと
新しいカード持ってないのとでパワー不足気味><;

でもその新しいカードを手に入れるには結局今の手持ちで対戦しないとどうしようもないので
負けても参加報酬1パック貰えるから負けても良いやって気持ちで続けて

Bグループ決勝進出
なんとかBグループ決勝へ進出しました♪

最初は5戦全敗とかして過剰なストレスだったケド、
トータルで若干勝ち越し出来てるぐらいかな?

グランプリエルフ
使ったのはこのエルフデッキ

アグロに近い動きをしつつ、ジャングルや象でとどめを狙う感じです。
キュベレーでフェアリーがどんどん硬くなっていくのが楽しいデッキです(_≧Д≦)ノ彡☆

問題はどのタイプのウィッチに対しても不利な事かな><;
序盤はスペルでフェアリーが潰されちゃうし、こっちのフィニッシャーより先にジンジャーやギガントキマイラが出て来て
ジャングルも象も出す間もなく試合が終わってしまいます。

そのためウィッチに対して勝率0%っていう・・・
ウィッチ少ないなら良いんだケド、いっぱいいるからこのデッキ本当はグランプリで使うデッキじゃない(;´д`)
でもこれしかないから仕方ないので、
決勝はウィッチに当たらない事を祈って挑戦します。

オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~

2018.06.09 12:00|映画
海の上で、男はすべてを失った。

主演:ロバート・レッドフォード 監督:J.C チャンダー

たった一人、スマトラ海峡沖3150キロの海の上で遭難してしまった男のサバイバル作品で
登場人物は主演のロバート・レッドフォードただ一人だけ、
セリフもほとんどなく、ただ淡々と追い詰められていく男の姿を描きます。

おはなしは、インド洋をヨットで単独航海していた老齢の男が眠りから覚めると
漂流物との衝突によってヨットの船体が損傷し、浸水してしまっていたのでした。
自力での航行も出来ず、修復は不可能なので救助を求めようとするも、
無線などの救援装置までも故障しており、救援を求める事も出来ないまま更なる災難に遭遇し
ついにはヨットを失い、救命ボートでただ海上を流されるままになってしまうのでした。

この作品は映画作品としてはちょっと異色になってしまうんだけれど
登場人物はたった一人だけで、セリフもほぼなく、黙々とトラブルに対処しようと奮闘する男の姿だけが描かれていて
絵としては本当に地味で、娯楽として観たら面白くないと感じてしまう人の方が多いかなと思います。

でも現実的に考えると、こうなるよね。
そういう人もいるかもだけれど、普通は独り言を続けながら活動しないだろうし
観ている人の目を覚ますような劇的な何かもそうそう起きない。
その辺がサバイバルという題材に合っていて個人的には有りだと思うんだケド、
退屈でつまらないという人の気持ちもわかるので・・・ちょっと複雑なところ。

なので作品そのものの出来は良いんだけれど、
人によっては本当に楽しめない作品で、観る人を選びます。

ちょっと雑に言っちゃうと大人向けかなぁ?
落ち着いた作品、アートとしての映画を求めている人なんかに良いんじゃないかと思います。
派手でハラハラドキドキ出来るようなものを求めている人は他の作品を探しましょう。

ペルソナ3の思い出

2018.06.06 12:00|未分類
PSO2の今日のアップデートから「ペルソナ3ダンシングムーンライト」とのコラボが始まります。
このゲームそのものは全く知らないんだケド、元になった「ペルソナ3」は当時すごいハマって思い出深い作品なので、
思い出をちょっと書き綴っていこうと思います♪



ペルソナ3はタイトルの通り、女神転生の外伝である“ペルソナ”シリーズのナンバリング3作目にあたる作品なんだケド、
前2作品とこの3以降で大幅にゲーム性や設定などが変わり、ストーリーも繋がりが無くなるため
ナンバリング作品ではあるものの、実質別作品に等しい存在になっています。
そのため、ペルソナ2までと3以降でファン層が結構違っていて、
前作品「女神異聞録ペルソナ」「ペルソナ2罪」「ペルソナ2罰」をプレイした事がない人の方が多いぐらいで
ペルソナ2が一番好きな身としてはちょっともやもやはするんだけれど、
女神転生系をプレイした事がない人でもとても手が出しやすくなっています。

ゲームの内容としては学園生活1年間をストーリーに沿ってこなしながら
タルタロスというダンジョンの攻略を目指すRPGで、
“ペルソナ”と呼ばれる特殊な力を駆使して、“シャドウ”という怪物と戦っていきます。

このゲームの最大の特徴が(というか欠点というか・・・
戦闘で操作できるのは主人公キャラクターだけで、仲間は自動操作となり任意で行動設定が出来ないため


仲間が一番の敵


攻撃ミスによる転倒で行動不能、回復して欲しい時には回復してくれず、あと一撃で倒せる敵に

タルンダ マリンカリン テンタラフー

と、状態異常をかけようとして戦闘を長引かせて無駄に消耗していくという・・・(;´д`)

ラスボス戦に関しては状態異常を受けてラスボスを全回復させたりするしで
普通だったらやりこみプレイの主人公ひとり編成が一番効率良いってぐらい仲間が役立たずでツライ><;

これは個人的な感想なんだケド、
仲間キャラクターも代わる代わる主人公に突っかかってきたり時に悪態ついたりであんまり好きになれなくて
ストーリーはやや苦痛に耐えながらプレイしてた部分も・・・。
この環境は主人公かわいそう><と思いながら進めてた記憶。

でもそんな中で唯一好感が持てるガッキー先輩の登場で一転!
急にストーリーが楽しくなってきたヾ(≧∇≦*)/やったー

のも束の間、

一瞬でガッキー先輩の離脱により、好きなキャラがいなくなりました(›´ω`‹ ) ゲッソリ


主人公は好きなんだケド、でも彼一切喋らないから・・・。
喋らないからこそ良いところもあるんだケド。

プレイしたのも相当前なので覚えていない部分の方が多いぐらいなものの
このガッキー先輩の事だけは忘れられません(ノд・。) グスン

エンディングとかもかなり印象に残る内容だから覚えてるけれど
個人的にはガッキー先輩があまりにも無念すぎて、
ペルソナ3=ガッキー先輩ぐらいです。


と、そんな感じでガッキー先輩以外の登場キャラクターに対する評価はすごく低いものの、
ゲーム部分はすごく楽しくて遊んでて気がついたら何時間も経ってたりで
まだ進めたいケド今日はもう時間が><なんてやりながら、毎日プレイするのが楽しみでした。

最近はPSO2あまりやる気がないので、引っ張り出してきてまた遊んでみるのも良いかなって思ったんだケド、
コントローラーが壊れて無いんだよね(;´д`)
そもそもPS2も何年も動かしてないからまだ遊べるかどうかも不明だし
昔のゲームをふとやりたくなっても結構難しいんだね><;

ダンサー&メカニック取得

2018.06.04 12:00|グラブル
ゴリラを狩りつつ、ジョブ解放も進めて

ダンサーメカニック
「ダンサー」と「メカニック」のジョブを取得しました♪

上位のジョブになるにつれてジータちゃんがどんどん可愛くなってる(_≧Д≦)ノ彡☆

ファイター
まあ・・・最初期のジータちゃんお世辞にも可愛くないからね(;´д`)
別人ぐらい変わっちゃってるケド、やっぱり可愛い方がいいもんね!

まだメインで使ってるジョブがこの可愛くなかった頃のジータちゃんだから
可愛いジータちゃんになる上位ジョブに切り替えられるように頑張らないと。

PSO2の日ラッピーパラレル

2018.06.03 12:00|PSO2
アクスラッピーが出る時のラッピーパラレルはとってもお得♪

PSO2の日ラッピーパラレル1
昔はハズレ扱いだったケド、今は一番の当たりマップ
アクスラッピーじゃなくても季節ラッピーに限定レアが仕込まれてる時はここが最大効率だし
穴あけ素材になる武器ユニも落ちるから結構おいしい♪

PSO2の日ラッピーパラレル2
ラッピーの餌を投入

PSO2の日ラッピーパラレル3
アクスフィーバー素材が結構稼げたヾ(≧∇≦*)/やったね

自分で使う分が無くなってたから欲しかったんだケド
よくよく考えるともう緊急行ってないし☆14武器とかもどうでもいいしで
全部売っちゃっても良いかなぁ。
| 2018.06 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ