絶望でのレンジャー

2014.07.28 12:00|PSO2
防衛戦・絶望攻略で最重要なのがレンジャーの存在!
うまいレンジャーがいればクエストの何度をぐっと下げられます(●ゝω・)ノ

そんなレンジャーの動かし方を考えてみました(v ゝ`ω・)ブイッ!

使用PA
アサルトライフル
・サテライトカノン
あらゆる攻撃手段としてレンジャーの主力PA
・ピアッシングシェル
戦闘機への攻撃手段、雑魚のヘイト取り用手段。PP消費の低さからWB保持中のJA手段として
・インパクトスライダー
WBとあわせてダーカー粒子砲台の破壊やゴルドラーダの爆弾破壊、とっさの攻撃手段に

他にホーミングエミッションやディフューズシェルをお好みで

ランチャー
・コスモスブレイカー
とっさの範囲攻撃やエネミーの湧きに合わせての置きPAとして
・ロデオドライブ
石拾いの移動用手段としてや、困った時のひき逃げに

基本はWBを維持して行く関係上ランチャーを持つ機会はほとんどありません。


基本的な役割
ボス・戦闘機・ダーカーウォールへのWB付与
とにかくWBを切らさないように残弾とリキャスト時間を把握しましょう。
と言ってもあまり難しく考えずに無駄弾を撃たない事と、
リキャスト完了した時に残りが1、2発と少ない状態でWBが必要な相手がいないなら
残弾捨てて次にWBが必要な時に備えて最大数を確保する
これだけ意識していればWB切れがかなり減らせます。

ボス処理
WBを貼ったらそれで終わり。なんて事はないです!
クエストに見合った適正な装備をしていれば、ほぼ一人でほとんどのボスは処理できます。
中ボスならレンジャーだけでもすぐに片付けられてしまうほど(v ゝ`ω・)ブイッ!

第1WAVE グワナーダ
出現と同時にサテライトカノンをチャージ、発射後すぐにWBを貼り付ける事で
たった1回のPAだけで倒せてしまいます。
こちらの反応が遅いと倒しきる前に地面に潜られてしまうので、その場合は再出現にあわせるように
サテライトカノンをチャージして待ちましょう。

第2WAVE以降 ウォルガーダ
これもレンジャーならかなり楽な相手になります。
出現時は拠点に向かうため、背後から胴体に向けてWBを付与。
WBを発射からジャストアタックでチャージサテライトカノンを発射すると怒り状態へ以降させられます。
怒り状態への以降には専用のモーションがあり、これが長時間無防備となるため
この間に再びサテライトカノンをチャージしてる余裕があり、安全に攻撃を継続できます。
動き出される前にサテライトカノンを発射すれば、わずか2回のPAで討伐完了♪

説明すると長いケド・・・
WB→チャージサテライト→チャージサテライトのたったこれだけの動作で1匹処理できるので
難しい要素は特にないです(●ゝω・)ノ

ただ、ウォルガーダとの距離が遠く、サテライトカノンの射程範囲に収まらないと失敗する可能性があります。
WB付与だけならこちらにヘイトが向かないので走って追いかければ対処できるものの
もしサテライトカノンを少しでも当てるとこちらに向かってくるので注意が必要。
万が一怒り状態で処理し損なうと周囲に甚大な被害を与えるので、確実な処理が求められます。

第3WAVE以降 デコル・マリューダ
単体での拠点攻撃能力はトップクラスでかなり危険なエネミー。
移動速度も速くあっという間に拠点に張り付かれてしまうため、戦闘場所にも注意が必要です。

このエネミーもやっぱりWBからのサテライトカノン
ただし上記2種(グワナーダ・ウォルガーダ)と比較すると耐久力も高く処理に時間がかかります。
倒し方としては本体一番下の部分にWB付与→サテライトカノン連射
よくわからないんだけど(;´д`)
サテライトカノンの判定が胴体の破壊可能部位に吸われて(?)部位破壊されていくので
本当にダルマ落としの要領で部位破壊出来て怯ませ続けられるため、
しっかりと攻撃を当てられれば難なく処理が出来ます。

破壊可能部位にWB付与した方が効果的かもだけど
部位が壊れると同時にWBも消滅するため、WBの必要数が増えてしまうので
うち個人的には壊れない一番下に1発だけ使う方が良いと思います。

一番の難点は耐久力の高さからサテライトカノンの必要数が多く必要PP量が多い事。
特にレンジャーの場合はWB保持中は通常攻撃によるPP回収が出来ないため
途中でPPが尽きて中途半端にダメージを与えた事から暴れさせてしまう
なんて事にならないように気をつけましょう。

第3WAVE以降 ブリュー・リンガーダ
一人で処理するのは難しい相手。
基本は稼動しているAISの支援用に体の上の方にWBを貼りましょう。
もし自分が戦わなければならない状況なら、サテライトカノンの性質を考慮して足にWB付与。
自分にヘイトが向いているとリングからの竜巻や、本体の広範囲攻撃などでチャージが妨害されやすく
油断するとすぐに戦闘不能になってしまうため、リング片側だけ破壊など工夫が必要かもです。

一人で戦わない事が一番ベストな相手だと思います。

第3WAVE以降 侵食戦闘機
マップ全域をカバーする射程と攻撃頻度・精度の高さ、さらには自分は高高度を維持しているという
クエスト中特に性質の悪い存在なのがこの侵食戦闘機。
ロックオンし辛く、ほぼ確実に肩越し視点に切り替えなければ攻撃することさえできないため
そんなに難しい事はないものの、肩越し視点操作に慣れが必要になります。

高い位置にいるため、近接クラスではまともに処理できない事もあり
レンジャーかテクニッククラス、あるいは銃座・AISなど防衛兵器を使わないとならず
他人を当てにせずに率先して破壊にいきましょう。

耐久力が高く、WB付与しないと処理にかなりの時間がかかってしまうのでWBは確実に使いましょう。
主力PAであるサテライトカノンはとどかないため、攻撃には別のPAである
「ピアッシングシェル」を使っていきましょう(●ゝω・)ノ
ピアッシングシェルは癖が無く、射程も長いので使いやすく、さらに消費PP20と連射も可能
戦闘機に対して斜めに撃ち抜くと2ヒットする事もあり素の攻撃力の低さを手数でカバーすれば
比較的楽に戦闘機の処理ができると思います。

ただ攻撃中、戦闘機からの攻撃も激しいのでHP管理には気をつけましょう。

第4WAVE以降 ゼッシュレイダ
レンジャーを最も悩ませる相手がこのゼッシュレイダ
プレイヤー自身の考え方や、その時の状況などで対処法が違うため正解がない。

頭にWBを貼る場合は、周囲にイル・バータを使用するフォースがいれば効果的にダメージを与えられ、
たとえ体の中に隠れてもWB付与箇所に攻撃を当てられるのがメリット。
ただしこの場合は処理しきれないと暴れまわるのを許してしまうため速やかな処理が求められます。

足にWBを貼る場合は、足に一定以上のダメージを与えることでスリップダウンさせる事が出来、
ゼッシュレイダの行動を阻害し周囲への被害を抑え、さらに余裕を持って弱点を攻撃する事が可能に。
デメリットとしては処理に時間がかかる事と、WBの必要数が多くなってしまう事。
さらに足への攻撃を的確に行えず、逃げられてしまうと丸々苦労が無駄になってしまいます。
それでも近接クラスが多い場合にはこちらの方が有効な事が多いです。

胴体にWBを貼る場合、これは完全にAIS支援用
AISがゼッシュレイダに向かって行くのを見たらこちらに切り替えるのもありかな。

第5WAVE以降 ダーク・ラグネ
PSO2で最もメジャーなボスエネミーで対処法に悩むことはないけれど。
出現と同時に拠点へ向けてジャンプしていくため放置すると拠点へのダメージは深刻に。
ウォークライを使用してくれる人がいれば拠点からジャンプして戻ってくるけれどあまり期待はできません。
拠点に張り付かれてしまった場合はあせらずにきっちりとセオリー通りに処理しましょう。

まずは拠点や地形に埋まっていない足にWBを貼り付け足を壊します。
足を破壊し、ダウンさせたら即コアにWBを貼り直してそのダウン中に倒しきりましょう。
もし1ダウン中に火力不足で倒せないと思うなら、別の足を破壊しダウン時間の延長を図るしかないです。
ラグネもHPが減ると攻撃頻度・範囲が増し拠点から離れていても攻撃に巻き込まれたり
多重ヒットで一気に拠点が破壊されたりするので倒しきれないなら助けが来るまでダウン優先で。

第6WAVE ダーク・ビブラス
このエネミーもWBを貼る場所でもめる事が多々あるけれど・・・
このWAVEの雑魚エネミーの猛攻は凄まじいので、ビブラス程度に人員を割くのは非常に危険です。

というのも、実はレンジャー1人でも大して苦労しません

ビブラス自体は爆弾生成による拠点破壊攻撃以外は攻撃能力に乏しく脅威になる攻撃を持っていません。
長く居座ったところでゴルドラーダの群れや、デコル・マリューダ単体ほど害はないため
処理を焦る必要は一切ありません。

レンジャー以外やAISは雑魚にまわり、拠点防衛に専念してくれると助かります。

処理方法としては、角にWB付与してからサテライトカノンで角を破壊。
その後露出した角の付け根にある弱点コアにWBを付与し、サテライトカノン連射。
さすがに膨大な耐久力を持っているので倒しきるには時間がかかるものの
WBチャージサテライトカノン10発ぐらいあれば倒せちゃうかな?

絶望ではまだ数えてないからわかんないケド(´・ω・`)
侵入のビブラスなら6発で倒せました。絶望の方が強いから比較になるかはあれだけど・・・。

それでも一人じゃ倒せないとか、苦戦するってほどの相手でもないので
レンジャーなら率先して対処に当たりましょう。

足→お尻というWBの付与方法は、レベルキャップが65でプレイヤーの火力が今より低かった事
サテライトカノンをはじめとした、イル・バータやイル・グランツなど優秀な攻撃手段がなかった事
頭のコアに気づいてなかった事など
今現在とは違う状況の中で生まれた対処法で、当時よりも有用な手段が増えた今
頑なにそれを通す必要性はありません。

なので、状況に合わせて柔軟にWBを貼る場所を変えていくのもレンジャーには必要になります。

第7WAVE ファルス・アーム
同時に2体出現し、さらに今まで出現していたものとは比較にならない強化を受けており
うっかり攻撃を受けてしまうと簡単に戦闘不能になってしまう事もありなめてかかると恐ろしい存在に。
でも基本は同じなので、対処すること事態は難しい事はなく
WBも通常プレイヤーキャラからも、AISからも狙いやすいお尻に貼れば困ることはないです。

ただこのWAVEはボスラッシュになるためレンジャーの数にもよるけれど
ボス処理にあたる余裕はありません。
さらにダーカー粒子砲台やダーカーウォールなども大量に設置されるため
レンジャーはマップを走り回り、壊せるものは壊しボスにはWBを付与して
ひたすらサポートにまわる事になります。

ここまで来ると主力はAISになるので、よほどの事が無い限りは同じ相手にWBが何発も必要な事はないので
一ヶ所にとどまらずにマップ全域をカバーできるように動きましょう。

最終WAVE ファルス・ヒューナル
通常クエストに出現するものとは別人レベルに強化され、生身ではまず勝ち目がありません。
WAVE開始と同時に出現するので、まっさきにWBを撃ちにいきましょう。
その際はあまり近づきすぎない事、貼り付けたらすぐに離れるのがおススメ。
どんな攻撃も当たれば即死。
このWAVEはほとんどの人がAISに乗り込んでいる事が多く、ムーンを投げてもらえない可能性が高いです。
なのでシップ戻りするしかなくなってしまいクリアランクが落ちてしまったり
戻ってる間にドロップ大箱が割られてしまい、せっかくのアイテムが入手できないなんて事もありえます。
今までがんばってきた苦労が水の泡になってしまうのは勿体ないです。

最終WAVE ダーク・ビブラス・ユガ
ダーク・ビブラスの強化版ではあるものの、対処法自体には変化はないです。
ただ耐久力が大幅に増加しており、AISなしでは倒しきるのは難しく
ビブラスのようにレンジャーだけでというわけにはいきません。

なので自分が攻撃しやすい場所を狙うよりは、AISが攻撃しやすい場所にWBを貼るのが良いと思います。
お尻の上部が今のところ無難かな?

このダーク・ビブラス・ユガは2拠点以上残っていると、爆弾の生成速度が非常に早いため
まわりが攻撃に夢中になっていると気づかれずに拠点破壊されてしまう場面もあるので
常に爆弾の存在には気をかけるようにしましょう。

撃破後はゴルドラーダの猛ラッシュとなりWBが必要な場面がなくなるので
レンジャーも安心してAISに乗り込めるタイミングになります。
ここまで一度もAISに乗り込んでいなければ
搭乗後、即フォトンブラスターから乗り換えてまたフォトンブラスターという贅沢乗りができるので
最後のラッシュで大暴れを楽しむのも良いです(_≧Д≦)ノ彡☆


エネミー兵器の破壊
大量に設置され、拠点防衛の脅威となるダーカー兵器
速やかな破壊も高ランククリアに重要な要素となります。

ダーカー粒子砲台
放置すると一瞬で拠点を破壊するビームを発射するダーカー兵器。
耐久力は3万ほどと決して高くは無いものの、マップ全域に同時に複数出現するため
1つに時間をかけてはいられません。
何よりも他のクラスでは3万程度なら大した事はないけれど
レンジャーだとWBなしで3万を出すにはサテライトカノンを使うしかなく、地味に時間がかかります。
WBを使えるなら「インパクトスライダー」で1発破壊できます。
このインパクトスライダーは射程が長いので、WBが当たる距離なら当てられるため
処理方法としては一番速く、一番遠くから行えるためWBに余裕があるならおススメです。

処理に時間をかけていると他のプレイヤーも寄ってきてしまい守りに穴があくことになるので
基本的には即破壊の方が状況を有利にしてくれると思います。

ダーカーウォール
見たままただの壁。ただの壁でも非常に厄介です。
マップ上にプレイヤーの進行を阻害する巨大な壁が設置され、移動を困難にされます。
プレイヤーは通り抜けることが出来ず、破壊し撤去するしかないけれど
ダーカーは素通りできるため拠点が孤立してしまう事に。

耐久力もかなりあり、普通に殴ったところで簡単には壊すことが出来ず破壊にはWBが必須。
そのためレンジャーの仕事のひとつとしてこの壁の破壊があります。
四隅の壁は結晶が拾えなくなるだけなので、基本は無視してもかまいません。
拠点を守るに当たり邪魔になる中央付近に出現する壁をWBサテライトカノンで破壊していきましょう。


レンジャーの弱点
防衛戦においてレンジャーの苦手とする状況が
・ゴルドラーダをはじめとする雑魚エネミーの処理
・拠点に雑魚の群れが張り付いてしまった場合

レンジャーの素の火力の低さ、WB保持中の武器変更の不可(変更自体は可、ただしWB残弾がなくなる)
アサルトライフルは基本的に単体相手にしか機能しないため複数体相手にするのは難しく
ランチャーは動き回る相手には攻撃の遅さから当てるのが難しい。
WBを捨ててまでランチャーに持ち替えても出来ることは少なく、WB破棄の代償に見合いません。
基本的には雑魚処理は人に任せるしかないのでその分しっかりボスにWBを撃ちこみましょう。

でも拠点が留守になっていて自分しかいなかったという場面も度々あり、
もうかなりの数が拠点に殺到してしまったなんていう事態になってしまう事があります。
こうなると速やかに処理しなければ拠点が破壊されてしまう恐れがあり、非常に危険。

この場合はつい敵を攻撃してしまいがちだけれども
まずおこなうのは攻撃ではなく、防御!
真っ先にバーストバリアを起動し、群がったエネミーを足止めしましょう。

マップを確認し、助けがくるようならゴルドラーダの爆弾破壊
誰も助けに来ないかもしれないと思うなら、WBを捨ててでもランチャーに持ち替えて
コスモスブレイカーで何とか凌ぐ以外に有効な手段がありません。

場合によってはAISに乗り込むのも拠点が破壊されるよりはずっとマシなので
慌てずに状況を判断して行動できるように、常に選択肢を頭に入れておきましょう。


レンジャーのAISに乗るタイミング
基本的にレンジャーはAISに乗ることができません。
レンジャーのお仕事はあくまでWBを貼る事なので、レンジャーが多い状況でもないと
常にWBが必要とされる状況が続きます。
AISに乗ってしまうとWBを貼る事ができないため、むやみにAISに乗り込んでしまうのは都合が悪いです。

なので基本的には、WBが必要でなくなる最終WAVE
ダーク・ビブラス・ユガ撃破後のゴルドラーダラッシュが始まるタイミングになります。
一度も乗っていなければほぼ2回は乗れるので、ゴルドラーダを蹴散らす爽快感を堪能してください。

他にも乗り込めるタイミングはあります。

第6WAVE後半
前半のボスラッシュにあわせてAISを使う人は多いものの、
ボスを倒しきると同時にAIS稼働時間が終了してしまい、後半の雑魚ラッシュに対応しきれない事が多いため
このタイミングでWBを補充しAISに乗り込み、雑魚処理しながらリキャスト完了させるのもありです。

レンジャーの仕事を疎かにせずに効果的に乗り込めるのはこの2ヶ所かと思います。

あとはWBを撃ち尽し、リキャストも時間がかかる時の誤魔化しに使ったり
状況が良くないときの打開に使用したりと
「○○WAVEに何台」と言っている人など無視して状況に応じて使っていきましょう。
クエスト失敗するぐらいなら攻略のセオリーなんて無視してもかまいません。


長々と書いちゃったけどレンジャーの動かし方は状況次第
とにかく周りをよく見て、WBが求められている場所に的確に撃ちこむ
自分で倒した方が良いのか、他の人に任せちゃっても良いのか
場合によっては石拾いにまわることも必要になります。

そして対雑魚処理能力のなさをいかにカバーするか
難しさとやりがいの両方があるのがレンジャーの魅力だと思うので
プロレンジャーを目指してがんばってみて下さいね(●ゝω・)ノ

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ