キングコング: 髑髏島の巨神

2018.02.24 12:00|映画
南太平洋で発見された未知の島は、巨大生物の楽園だった!

主演:トム・ヒドルストン 監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

巨大なゴリラ「キングコング」を題材にした作品の8作目にあたり、
本作は、キングコングが生息する髑髏島に調査に訪れた米軍の護衛部隊と島にいる巨大生物たちとの遭遇が描かれます。

お話は、1973年、南太平洋で未知の島を発見した特殊研究機関は、
その島の調査のためにアメリカ軍に護衛を依頼し、さらに特殊部隊出身の傭兵ジェームズ・コンラッドを雇い
彼らの指揮の下で現地調査へと赴きます。
しかし、島は暴風雨によって船での接近が出来ず、やむを得ず一行は数機のヘリコプターに分乗し島への上陸を試みたところ
彼らの前に巨大なゴリラ「キングコング」が現れ、次々とヘリコプターを墜落させてしまうのでした。
これによって多数の死者を出し、辛うじて生き残った者は各自で散り散りになった仲間と合流するために移動を開始するも
この島の危険はキングコングだけではなく、他の巨大生物たちによる襲撃を受けてしまうのでした。

たくさんの人間を殺すのが得意なフレンズたちがいるジャパリパークで
どったんばったん大騒ぎな内容になっています(

と、冗談は置いておいて・・・

内容の方は、オーソドックスなモンスター物で
巨大生物の怖さや迫力に、アメリカ軍の戦闘シーンなど盛り上がるところも十分にあって
結構無難に楽しめるものになっていました。

ただキングコングがちょっと存在感薄いのと
一番の敵である巨大トカゲ(?)のデザインが微妙なのが残念><;
あとトカゲよりもサミュエル・L・ジャクソン演じるパッカード大佐の方が悪役してたのも
肝心のキングコングのバトルシーンをいまひとつにした原因かな。
それだけサミュエル・L・ジャクソンの演技が良かったんだケド。

エンディングがキングコングとかもう関係ないじゃんって内容だったケド・・・
これはこれで良いお話なので良いかな アハハヾ(≧∀≦*)ノ〃

序盤のテンポが悪かったり、ツッコミどころは多々あったりだけれど
細かい事は気にせずにB級モンスターパニックの娯楽作として楽しめばいいと思います。
この手の作品が好きな人なら悪くないんじゃないかな(●ゝω・)ノ

コメント

No title

こんちゃー(=゚ω゚)ノ

コレ、ウチも見たよー
B級モンスターパニック物としては面白いよねー

過去のキングコングと比べてイケメンだなぁ~って感想

大きさも過去最大級だけど、ラスト考えると
あのサイズじゃないと続編が作れないんだろうなぁと…w

返信

いまさらキングコングなんてって期待してなかったんだケド
思いの外楽しめました♪

うちはコング自体は2005年版の方がゴリラらしくて好きかな。
あくまで巨大なゴリラであって欲しいので(_≧Д≦)ノ彡☆
非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ