クリムゾン・ピーク

2017.02.24 12:00|映画
「クリムゾン・ピークに気をつけろ」

主演:ミア・ワシコウスカ 監督:ギレルモ・デル・トロ

20世紀初頭を舞台にしたゴシックな世界観を持つホラー作品で、
運命に導かれるようにその場所を訪れてしまった女性の恐怖を描きます。

お話は、霊の存在を感じる事が出来るイーディスは、
幼い頃に亡くなった母の霊から「クリムゾン・ピークに気をつけなさい」と警告されます。
しかし、イーディスには何を意味するのかわからず、特に気に掛ける事も無いまま、
小説の執筆活動に夢中な日々を送っているのでした。
そんなイーディスを周囲は変人扱いし、浮いた存在となっていたある日、
彼女を小説を褒め称えるトーマスが現れ、そのことがきっかけとなりイーディスは彼に惹かれ、
すぐに二人は結婚し、トーマスの屋敷で暮らす事となるのでした。
しかし、その場所こそが「クリムゾン・ピーク」だったのです。

ギレルモ・デル・トロのホラーという事で結構期待してたんだケド、う~ん・・・。
“ホラー”として観ると期待ハズレに感じてしまうかな(;´д`)

というのも、幽霊は出るケド怖がらせるための演出ではないので
心霊物としての怖さは全くありません。
内容としては純粋なサスペンスで、展開もテンプレート通り
作品のあらすじを読むだけでもオチが読めるし、普通に観ても最初に想像した通りの展開となるので
特別感動するような事が無いまま終わっちゃいました。

どんでん返しとかもなんにもないし、オチを隠そうともせずに誰にでも分かりやすいストーリーで
良く言えば観やすい、悪く言えば退屈で
本当にストーリーは取り立てて語るところがなかった・・・(;´д`)

特に前半の展開が遅く、クリムゾン・ピークの屋敷に行くまでが長すぎて
途中で飽きてきてしまうのが辛いところ><;
せめて屋敷に舞台を移したシーンの方が長ければ良かったんだケド。。。

屋敷の雰囲気とか美術はキレイで良かったから、何にも起きなくても映しててくれれば
そういうのを眺める楽しみ方も出来たんだケドなぁ。

ただ、幽霊の表現はおどろおどろしくて良かった!
デルトロ作品だけあってクリーチャーデザインは迫力があって気持ち悪い!
あの赤くてネバってした感じはありそうでないところが素敵です♪

でも良かったと思ったのはそこだけかなぁ。
全体的には微妙で、他人に勧める事はない作品でした。

コメント

非公開コメント

| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ