Zネーション

2016.07.01 12:00|未分類
『ウォーキングデッド』とはまた違う、海外ゾンビドラマ『ZNATION』を観てみました(●ゝω・)ノ



舞台はお決まりのゾンビウイルスの流行により荒廃してしまったアメリカで
生き残った僅かな人々がゾンビから身を隠し生き延び続けています。
しかし、人類にたった一つの希望が生まれます。
それは、ゾンビに噛まれてもゾンビ化せずにいる男マーフィの存在。
彼をニューヨークから遠く離れたカリフォルニアまで連れていく事が出来れば、
彼の体からゾンビに対して抗体のある血液を採取し、ワクチン開発を行える可能性があり
人類の危機を脱する事が出来るかもしれない。
このわずかな希望を糧に彼らは危険で過酷なアメリカ大陸横断の旅に出るのでした。

現在はシーズン2までで、シーズン3も制作するとかしないとか?
どうしても人気があると長くなってしまうのが海外ドラマ。
うちはリサーチ不足でシーズン1だけしかないものだと勝手に思って観始めたので
シーズン1のみの、シーズン2未視聴となります><;
シーズン1最終話がシーズン2に向けて新たな展開になっているので・・・
シーズン1からシーズン2へそのまま観続ける覚悟を持って手を出さないと
続きが気になってモヤモヤしてしまうかもです。
まあ、1話完結型の以外は海外ドラマはみんなこんな感じなので
シリーズが続いてしまうと手を出しにくいのが難点ですね(;´д`)

で、作品の感想に移ると

とてもドラマ作品らしくて観やすい!
最近の海外ドラマのメジャータイトルはお金をかけてドラマ作品とは思えないほどハイクオリティーなのが多いんだケド
確かに見応えがあるものの、それ故に1話1話が濃すぎて観ていて疲れちゃうんだよね><
そういう意味でこの『Zネーション』はクオリティーはそんなに高くないんだけれど
その分気楽で親しみやすい手ごろなゆるさがあるので、エピソード連続して観ていてもそんなに苦にはならなかったです。
比較されがちな『ウォーキングデッド』は本当に1話ずつが濃すぎて連続して観続けるのはつらかった><;
ストーリーの引きが上手くてついつい続きを観ちゃったんだケドね(_≧Д≦)ノ彡☆

ついでだから『ウォーキングデッド』との比較点を言うと、
・ゾンビの出番はこちらの方が多い
ある意味メンバーの一人がゾンビなので・・・ずっとゾンビが出てるとも言えなくはないけれど・・・
それを抜きにしても、人間ドラマが中心の『ウォーキングデッド』よりはゾンビ物らしいゾンビの割合です。
・ノリが軽い
いかにもアメリカ的なギャグ交じりの展開でこれが“ゆるさ”の理由の一つかな(* ´艸`)
シリアスな展開の続く『ウォーキングデッド』にはない明るさが魅力です。
・キャラクターが少ない
登場キャラクターがそんなに多くなく、キャラクターの把握がしやすいので
人間関係が複雑で誰が誰だかわからなくなってしまう事がないので、ストーリーに集中出来ます。
ただ、キャラクターそれぞれの個性が薄くて覚えにくいのでこのメリットはあんまり生きてないんだケドね(;´д`)

ストーリー展開はご都合主義でめちゃくちゃな事がほとんどを占めていて
紛れもなくZ級作品的な物となっているんだケド
ノリやテンポが良くてなんだかんだ楽しく観れちゃいます(_≧Д≦)ノ彡☆

大真面目に観ようとするとバカバカしくなってしまうだろうとは思うけれど
気合を入れた大作を観るのにちょっとした箸休め的なポジションとして
この『Zネーション』を間に挟むのも悪くはないんじゃないかなと思います。

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ