リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1986)

2016.03.23 12:00|映画
さえない青年が愛でる奇妙な植物は、人間の生き血を吸う恐ろしい植物だった!

出演:リック・モラニス 監督:フランク・オズ


1960年公開の同名映画を元に1982年にミュージカル化した、そのミュージカルの映画化という
ちょっとややこしい作品となっています。
1960年の同名作品は観た事がないんだけれども、そちらとはストーリーの大筋が同じ程度で
演出や方向性などは全く違うみたいなので別物と考えた方が良さそうです。
そのため(?)タイトルの「ホラー」の意味合いがだいぶ違っていて
大元の作品は正統なホラーだったのに対して、この1986年版はコメディ色が非常に強く
一見するとまるでホラー作品にはみえないポップさで違和感があるかもしれません。
設定はもちろんちゃんと引き継いでいるのでホラー要素満載なんだケド、怖くはありません(_≧Д≦)ノ彡☆

お話は、みなしごでさえない青年シーモアは小さくて寂れた花屋で働いています。
彼は密かに一緒に働いている女性オードリーに惹かれているものの、オードリーには恋人が。
ある日、シーモアは中華街で見つけた奇妙な植物の鉢を買って帰り
それを自分の店に飾ると、その植物に興味を持った人々が大勢訪れ店は大繁盛するのでした。
そのためその植物を重要なものだと認識した店長によりシーモアはその植物の世話を命じられ、
やがて植物の面倒を見ているうちに、この植物が人間の生き血を求めている恐ろしい事実を知るのでした。

基本的にミュージカルとなっていて、アップテンポでノリの良いメロディーにユーモラスな歌詞で
ホラーなのに観ていて元気になれそうな明るい作品となっています(_≧Д≦)ノ彡☆
モンスターであるはずのオードリーⅡも口も態度も悪いケド
どこか愛嬌があって憎めないんだよね( *´艸`)クスクス
他にもユーモア富んだ演出などもあり観ていて笑えて楽しい作品でした♪
Sな歯医者は怖かったケド(;´д`)

ただ、これが人によって評価の別れどころでもあるよね><

ミュージカルは苦手って人には受け入れられないだろうし、
純粋なホラーを期待するとある意味では間逆の明るさで恐怖感みたいなのは味わえないし・・・。
観る人を選ぶ作品ではあると思います。
そういう意味から誰にでもはおススメ出来ないかなぁ。
うちはこの時代のアメリカン・ポップな感じがとても好きなので、気に入っちゃったケド♪

うちと同じようにポップな作品が好きな人には文句なしにおススメ!
気に入る人はとことん気に入るといった感じの作品でした♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ