狼の死刑宣告

2016.05.17 12:00|映画
ごく平凡な家族を持つ男性が、愛するわが子を殺された事により復讐の鬼と化す。

出演:ケビン・ベーコン 監督:ジェームズ・ワン

息子を殺され事からギャングたち相手に血みどろの争いを繰り広げる事になってしまう父親を描く
サスペンス・スリラー作品となっています。

お話は、裕福で何不自由なく暮らす幸せなヒューム一家。
問題があるとすれば、長男と比較されがちな事に拗ねている反抗期の弟が家族と口論になりがちなぐらい。
トラブルというトラブルもなく、毎日を平穏に生きているはずだったのだけれど・・・。
ある日父ニックが、長男ブレンダンの送迎のために車に乗せていた時に立ち寄ったガソリンスタンドで
ギャングたちが店に押し入り店主を殺害、その場に居合わせたブレンダンもまた銃弾を受け
そのまま帰らぬ人となってしまうのでした。
突然幸せな一家を襲った不幸、愛する息子を奪われたニックはギャングたちに復讐を決意。
その事がきっかけで家族を巻き込んでの血で血を洗う抗争へと発展してしまうのでした。

『ソウ』シリーズの監督ジェームズ・ワン作品とのことで
血みどろグロテスクな展開が続くのかもと身構えて観ていたケド
思ったよりは控えめで、普通のアクション映画とそんなに違いはないかな?
と言っても暴力的でショッキングなシーンや展開が続くので、苦手な方は注意です。

復讐を題材にしている作品だけれど、ただ悪人をやっつけておわりではなく
復讐が復讐を生み、どんどんと泥沼な血で血を洗うだけのやりきれなさが切ない作品です><;
誰もが主人公ニックの立場なら同じ事したいと思うし
観ている側もまた彼を応援して観るだろうなとは思うんだケド・・・
その代償の重さに打ちひしがれてしまい、最後まで視聴してから冒頭のホームビデオに映る
幸せそうなヒューム一家を思い返すと本当に悲しい(ノд・。) グスン

なによりもこの作品の一番のポイントは
主人公一家は本当にどこにでもいるごく普通の家族でしかない事。
ニックは警官や軍人なのでもない普通の会社員で他人から恨みを買っているわけではない。
息子も殺されなければならなかった理由もなにひとつないのに司法は味方してはくれず
泣き寝入りするしかない本当に弱い立場の人だったのに

始めこそ躊躇いながら復習を果たしたのに、いつしか
ギャングとの抗争の果てに人を殺す事に躊躇いのなくなったニックの姿が切なく、同時に恐ろしい><
アクションとしても復讐劇としても悪人を倒す爽快感はあるものの
観ていて本当に悲しくなるストーリーでした(ノд・。) グスン

復讐の恐ろしさをとても考えさせられる内容だケド
観ていて本当に面白い作品でした!
ニック強すぎ!なところはあったけど・・・(_≧Д≦)ノ彡☆

でもこの一家にはしあわせに暮らして欲しかったょ・・・(´・ω・`)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ