クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

2015.04.12 20:00|映画
『クレヨンしんちゃん』劇場映画シリーズ第22作目。
映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん [Blu-ray]映画 クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん [Blu-ray]
(2014/11/07)
矢島晶子、ならはしみき 他

商品詳細を見る

人気テレビアニメーションの『クレヨンしんちゃん』の劇場版作品で
父ひろしにスポットを当てたオヤジの家族に対する愛情を描いた内容になっています。

しんちゃんの映画版は、大人でも楽しめる内容になっている事が多いケド
特にこの作品は子供よりも大人の方が楽しめるんじゃないかな?

というのも今回いちばんのメインキャラクターである“ロボとーちゃん”が
見た目はダサいものの・・・設定が思いの外SFしてる!
SFに理解がある人だとロボとーちゃんの置かれた立場がよくわかって
感情移入してしまう事間違いなしです!

ネタバレになってしまうけれど・・・






ロボとーちゃんそのものは野原ひろしのコピーでしかないけれど
生まれた瞬間から野原ひろしとして生きてきた記憶があり、人格も野原ひろしそのものなので
ロボとーちゃんからすれば、突然ロボットに改造されたのと変わりない認識しか持てず
自分にとっては野原家は自分の家族なんだよね><

けれど、現実は自分は作られた存在であり記憶もにせもの。
本当に家族のためを思うならば自分は消えなければならない・諦めなければならない。
自分が大切だと思っているものを守るために、その大切なものを捨てなければいけないという葛藤が
ひろしとの腕相撲による父親の座を賭けた勝負に表れていて、
そのシーンにはしんみり(ノд・。) グスン としてしまいました。

そして同じように、ひろし自身も
大切な家族を自分のにせものに奪われまいと必死に抗う姿も父としての強さが出ていて
対立してこそいるけれど、どちらの野原ひろしという人格は必死に家族を守る存在である事が伝わり
父親としての愛情の深さがとても感動的でした♪

過去のヒット作と比べると、どうしても地味さはあるけれど・・・
それでも終盤にかけてのロボとーちゃんの活躍が本当に良くて面白い作品でした♪

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ