南極物語

2014.11.22 20:00|映画
昭和33年、南極に取り残された犬達を題材にしたお話

南極物語 Blu-ray南極物語 Blu-ray
(2013/07/26)
高倉健、渡瀬恒彦 他

商品詳細を見る

南極の越冬隊に飼われていた15頭の犬達が
悪天候からやむなく隊員たちが引き上げていく中、南極基地に置き去りにされてしまいました。
犬達の生存は絶望視されたものの、なんと1年後に第3次越冬隊が昭和基地に赴いたところ
2頭の犬「タロ」と「ジロ」が生存していたのでした。
しかし、他の犬達は鎖に繋がれたまま息絶えたのが7頭、行方不明になったものが6頭
15頭のうち助かったのは「タロ」「ジロ」の兄弟犬たった2頭だけだったのでした。

この南極越冬隊と「タロ」「ジロ」たち犬達に起きた出来事を題材に
創作を織り交ぜながら作られたのがこの作品になっています。

この『南極物語』は大ヒット作なのでとても有名で、うちも知ってはいたけれど
どうしても生まれる前の作品なのでなかなか観る機会がなく、今回初めて視聴しました。
観る前は、もっと邦画的なお涙頂戴な押し付けがましい作品なのかと思っていたんだケド
結構淡々と物静かに進行して行き、ドキュメンタリー作品のような印象を受けました。
もちろん、ドキュメンタリーなんかではないんだけどね。

その辺をちょっと勘違いしちゃうと
まるで犬たちの身に起きた出来事が事実かのように見えちゃうかもだけど・・・
実際のところは犬に何が起きたのかは誰も知る由はありません。
痕跡などから多少の推測は出来ただろうケド、どこでどう死んだとかは鎖に繋がれたまま息絶えた
7頭の犬たちだけなんじゃないかな?

もちろん割り切って観ている人がほとんどだろうし、この辺をあんまりとやかく言うのは野暮だよね(;´д`)
なので、実話を元にはしてるけどフィクションの部分もあるよとだけ。

でもこのドキュメンタリーのような静かな作りが、南極の厳しさを強調していて
作品により深みを出しているんじゃないかな。
この作りだからこそ良かったと思えました。

ただあくまで犬メインであるという意味では満足なクオリティだとは思うんだケド
人間側の方が物足りないかなぁ。
もうちょっと丁寧に描いても良かったとは思います。
くどくなり過ぎるよりはこれの方がいいんだケドね・・・。

でも全体的に観るとやっぱり良い作品でした。
名画として後世に残っていってくれれば良いなと思います。


高倉健さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメント

非公開コメント

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ