ANNIE/アニ

2017.06.24 12:00|映画
同名ミュージカルを現代に置き換えて2014年制作の映画作品

主演:クヮヴェンジャネ・ウォレス 監督:ウィル・グラック

ブロードウェイ・ミュージカルの代表作と言える「アニー」の3度目の映画化作品で、
元のミュージカルの1930年代世界恐慌の時代から、現代に設定を置き換えて
孤児アニーと、携帯電話会社社長のスタックスの交流をコメディタッチに描きます。

おはなしは、4歳の時に両親にレストランに置き去りにされた孤児のアニーは
毎週金曜日にはそのレストランへ両親が迎えに来てくれると信じて通い続けていたのでした。
ある日、いつものように両親の知らせがない帰り道で車に轢かれそうになったところを
次期市長選に立候補していたスタックスに助けられるのでした。
そしてこの場面がインターネットで話題になると、スタックスの支持が増え
これはチャンスと考えた側近に促されて、スタックスを選挙までの間だけアニーを養子として
さらなる支持率アップを図るのでした。
これによって意図せず、二人は共に暮らし始める事に。

元のミュージカルも原作も全く知らないので、その辺の比較は出来ないんだケド
熱烈なファンからは大不評みたい(;´д`)
確かに、元のお話のあらすじを読んだ感じだともっと山あり谷あり、ブラックな部分もあるけれど
この2014年版はずーっと穏やかで、影になる部分は全く無くてメリハリがないので
ひたすら平坦で盛り上がりに欠けるかな><;

でも個人的には、悪役らしい悪役もおらず
暗い気持ちになってしまうような悲しい事も起きない
ただただ明るいこの穏やかさが好きです♪

潔癖症で子供嫌いというスタックスも、アニーの事は最初からそんなに邪険にせず
特に対立するような事も無いまま結構優しく接する姿はとても好感が持てるし
観ていて温かい気持ちになれましたヾ(≧∇≦*)/

ストーリーは確かに物足りないんだケド・・・
こういう嫌味なところが全くない作品も観ていて明るくなれるので
お疲れムードな時に良いと思います(●ゝω・)ノ
スポンサーサイト

ボディ・ハント

2017.06.17 12:00|映画
母娘二人が越してきたのは惨殺事件にあった家の隣だった。

出演:ジェニファー・ローレンス 監督:マーク・トンデライ

そうとは知らずにいわく有りな土地へ越してきてしまった母娘が
両親が殺された家に今もなお住み続ける青年と知り合った事ではじまるスリラー作品となります。

お話は、都会から郊外の町へ母とふたり引っ越してきた女子高生エリッサは
新居のそばに建つ家でかつて少女が両親を惨殺する事件があった事を知ります。
その家は現在空き家であると聞かされていたものの、誰かが生活している気配があり
どうやら事件の時に不在だった息子ライアンが一人で暮らしているとの事。
はじめは警戒するものの、何度か関わりを持つうちに、エリッサはライアンと交際するようになったのでした。
しかし、ライアンには他人には隠している秘密があり・・・。



なんてつまらない作品なんだ><;



とにかく薄っぺらいストーリーで、普通はここから色々と脚色をしていくでしょ?という
捻りも何もない、ただ食材を味をつけずに焼いただけみたいな物足りなさ。
それに加えておそろしくテンポが悪く、無意味な時間の繰り返しで非常に退屈。

スリラー作品なのにバイオレンスだったり、ショッキングなシーンですら眠くなるぐらい単調で
『名探偵コナン』の方が過激なんじゃないかっていう・・・地味さ(;´д`)








あまりのつまらなさに観た事を後悔するレベルだよ!




観るまではスプラッター系なのかな?とちょっと尻込みして
血みどろな展開になったらやめようと意を決して観たんだけれど・・・
悪い方向に予想外だった(´・ω・`)
血みどろな事はなかったけれど、これなら血みどろの方が良かったとすら
スプラッター苦手な自分ですら思うぐらいに酷かったょ。。。

これはもう本当に心の底からおススメ出来ません(;´д`)

リアル・スティール

2017.06.03 12:00|映画
赤の他人として生きていた親子がロボットボクシングを通じて理解し合う。

主演:ヒュー・ジャックマン 監督:ショーン・レヴィ

近未来、人間に代わりロボット同士をリングの上で戦わせる「ロボットボクシング」が盛んとなった世界で
一人奔放に生きてきた男が、一度も会った事も気にかけた事もなかった11歳の息子と出会い
やがて二人でロボットボクシング競技の高みを目指すSF・ハートフル・ストーリーとなります。

お話は、かつてはボクシングでチャンピオンになる事を夢見たものの及ばなかったチャーリー。
気づけば時代は変わり、人間ではなくロボットによるボクシングが盛んになり
今ではしがないロボットボクシングのプロモーターとして小銭を稼ぐ日々を送っていたところ、
別れた妻の死が告げられ、遺された11歳の息子マックスの養育権についての話し合いに呼び出されます。
チャーリーはマックスの事など気にもとめず、さっさと厄介払いしようと親権を手放そうとするも、
元妻が裕福な家庭であることを知り、親権を渡す条件に10万ドルを要求し
元妻の姉はこの条件に加えて、チャーリーに旅行に行く間の3か月間マックスを預かる事を求めます。
マックスを預かる事には抵抗があったものの金銭的に困っていたチャーリーは渋々条件をのみ
こうして実の親子でありながら対立しあう二人の生活が始まるのでした。

ストーリー展開は王道的なスポーツ・サクセスストーリーでありふれてはいるものの
テンポも良いし、ストーリーのメインであるロボットボクシングの迫力もあり
観ていてすごいワクワク出来る内容となっていて面白かった♪

はじめこそダメな男だったチャーリーも不器用ながら成長して
立派に父親へと変わっていく姿もとっても良かったし
マックスのロボット‟アトム”を愛でる姿も、感情もないロボットなのにどこか愛嬌ある‟アトム”も
どれも観ていると心が温かくなります(* ´ ▽ ` *)

一応‟ロボット”が題材ではあるんだケド
SFとか機械とかの知識や興味のない人でも気にせずに観られる内容になっていて
本当に誰にでも気軽に楽しめるものになっているので
ヒューマン作品が好きな人におススメ出来る1本となっていました♪

本当に面白かったですヾ(≧∇≦*)/

複製された男

2017.05.27 12:00|映画
自分と瓜二つの人物を見つけてしまい。

主演:ジェイク・ギレンホール 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ

自分と全く同じ姿と声、そして誕生すらも同じ人間と出会ったしまった男を
主演のジェイク・ギレンホールが一人二役で演じるミステリー作品となります。

お話は、大学で講師を務めるアダムは、偶然視聴した映画の中に自分と瓜二つの男を見つけ、
興味本位からその人物について調べるうちに増々好奇心を刺激され、
ついには直接自分と瓜二つの男アンソニーに接触を図ります。

大好きな俳優ジェイクの主演作という事で嬉々として視聴したんだけれど、
ストーリーの分かりにくさ、テンポの悪さ、それに加えて内容の薄さで
最後まで観るのが結構ツライ作品でしょぼーん(´・ω・`)
全くおもしろくない(;´д`)

題材は面白そうだなと思って観始めたんだケド
瓜二つの人物アダムとアンソニーが出会うまででも本編の半分はかかるため
あらすじの内容がほぼ本編。
読んでから視聴し始めると事前にネタバレを読んだみたいな事になってしまいました><;
この展開の遅さが本当に退屈で面白くありません。

さらに作品の解説を見ないとストーリーの本質を理解するのが難しく
一度の視聴では答えが出ないので、かなり観る人を選びます。

この作品は娯楽としてではなく、アートとして割り切るしかないかなぁ。
普通に観たらまず面白いとは思えないし、決して万人受けする作品でもありません。
なのでそういった見方が出来る人以外にはおススメしません。

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密

2017.05.20 12:00|映画
手に入れた帆船の模型にはある秘密が隠されていて。

主演:ジェイムー・ベル 監督:スティーヴン・スピルバーグ

1929年から連載が始まった、主人公の少年記者と愛犬スノーウィの冒険を描いたフランスの漫画を原作とし
この作品に惚れ込んだスティーヴン・スピルバーグが30年近い年月をかけ、ようやく制作に至った意欲作で、
全編まるで実写作品のような迫力あるCGアニメーション作品となっています。

お話は、少年記者のタンタンと愛犬スノーウィはノミの市で古い帆船ユニコーン号の模型を見つけ
あまりの美しさからこれを気に入り、購入した矢先、二人の男からそれぞれその模型を譲って欲しいと交渉されます。
しかし、タンタンはこれを手放す事はなく、それどころかこの船にはなにかいわくがあると察して調べてみると、
何か隠された秘密がある事に気づいてしまったために、その秘密をめぐっての騒動に巻き込まれていくのでした。

アニメーション作品で一見子供向けかと思いきや、
しっかりとしたミステリー要素に、迫力のあるアクションシーン
それでいてどっしりとした落ち着いた雰囲気がある結構大人向けの作品となっていましたΣ(・ω・ノ)ノ

スピルバーグは子供向け“インディージョーンズ”という考えだったみたいなんだケド
どちらかというとこちらの方が大人向けかもしれない。
単純な娯楽作品として観たら、たぶんインディージョーンズの方が子供から大人まで楽しめるかな?
こちらは子供向けというにはお上品すぎるかもです。

ストーリーのテンポも良いし、映像も本当にキレイで迫力があって実写と見間違えるぐらいで
作品としてのクオリティーはかなり高いです。
ただ原作が古いからか、内容の方はちょっと古臭さがあって
今の時代にあっていないかなぁというところも。
そういう部分もあってやっぱり大人向けな作品ではないかと思いました。
白黒時代のスパイ映画とかがこんな感じのイメージなんだよね。

だから子供が観たらちょっと退屈なんじゃないかなと思うので
ファミリー作品として観るのは個人的にはおススメ出来ません。
大人が楽しめる落ち着いたアニメーション作品として観るのが良いかなと思います。
| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ