エイリアン:コヴェナント

2017.09.23 12:00|映画
『エイリアン』シリーズ6作目、ゼノモーフ誕生の秘密。



『エイリアン』シリーズ6作目であり、1作目の前日譚として描かれた前作『プロメテウス』の続編にあたるのが
この『エイリアン:コヴェナント』になります。
なのでこの作品も第1作目『エイリアン』よりも時系列的には前の話となり
『エイリアン』シリーズの主人公「エレン・リプリー」が未知の生物ゼノモーフと遭遇する以前のお話になっています。

ストーリー的には完全に『プロメテウス』と繋がっているため
前作『プロメテウス』を視聴していないとわからない部分が結構出てきちゃうので必須となります。
エレン・リプリーが主人公のエイリアン1~4の方はやっぱりシリーズ作品としては知っていた方が楽しめるけれど
こちらは未視聴でも設定や用語の繋がりだけで、直接的にストーリーは関連していないから
観ていた方が良いよぐらいで、知らなくてもまあ大丈夫かな?

まだ公開中なので具体的な中身については触れないんだケド、
公開直後に色々なところで評判が悪く、概ね不評という・・・事態になっていたため
不安ながら映画館へ行ってきました><;


不評なのも納得な内容だった・・・


最初に、
作品としてのクオリティーは決して低くありません。

映画作品としては映像もキレイだし、ストーリーテンポも良いし盛り上がる場面もあって
そこはやっぱりビッグタイトル。

でもシリーズのファンからすると、ストーリー展開に目新しさがなく食傷気味
さらにゼノモーフの誕生の秘密が明かされた事と、その内容がかえって世界観を狭めてしまい
シリーズファンのあれこれ世界観を妄想する楽しみを奪ってしまったと感じました。

『エイリアン』シリーズが好きな人ほどガッカリしたんだろうなぁ><

あと個人的に思ったのが・・・

これ『エイリアン』じゃなくて『プレデターズ』の続編かも?
なんかすごい雰囲気が似ててプレデター出てきた方が違和感無さそうだった・・・。

そんなわけで、シリーズファンの立場からみたら微妙。
一つの作品として観たらそんなに悪くはないんだけれど
シリーズものであるがゆえに、この作品だけで観るって普通はないだろうから
イマイチな作品という評価になっちゃうかなぁ。

戦闘シーンは迫力あったんだケド、肝心のゼノモーフの活躍が少なくて
“恐怖”シーンがほぼ無かったのも残念だったかな><

決してつまらない作品ではなかったけれど
ただひたすら物足りなさを感じる作品でした。

LIFE!

2017.09.16 12:00|映画
見つからない写真のネガを見つけるために、冴えない男が一大決心の旅に出る。

主演・監督:ベン・スティラー

平凡で冴えない中年男が、行方が分からなくなっている写真のネガを求めて
世界中のどこかで活動している撮影者の冒険家を追って、一大決心の旅に出る姿を描いたヒューマンドラマ作品になります。

お話は、フォトグラフ雑誌『LIFE』のネガフィルム管理部門で働くウォルターは
真面目で勤勉ながら、地味で冴えないごく普通の中年男性で、時折勇敢な冒険家という自分の姿を思い描いたりするものの
その空想は決して表に出る事はなく、想いを寄せる同僚の女性に声をかける事すら出来ないのでした。
ある日、『LIFE』の廃刊が決まり、
最後の表紙に使って欲しいと『LIFE』の代表的なジャーナリスト・ショーンからネガが送られ、
彼の希望では25番のネガフィルムを表紙に使って欲しいとの事。
しかし、この25番のネガフィルムは抜けており、必死に探してみたものの見つからないのでした。
この事を上に報告するわけにもいかず、上司からの提出要求をはぐらかして先延ばしにしても事態は解決しないため、
撮影者であるショーンに直接確認を取ろうとするも彼との連絡手段がない事から
世界のどこかにいる彼を探すため、わずかな便りから彼を追ってウォルターもまた旅に出るのでした。

コメディ俳優のベン・スティラー出演作品という事で、笑える作品なのかな?と思ってたんだケド
思いの外真面目でハートフルなヒューマン作品になっていましたΣ(・ω・ノ)ノ
始めはさえないウォルターが少しずつ変わっていく姿が素敵でした♪
些細ではあるけれど、その人にとっての人生の冒険という感じがよく表現できていて、
この地味さがかえってリアリティーのある変化だと思います。

ジャンルがコメディになってはいるんだケド、げらげら笑えるようなものではなく
観ていると自然と柔らかい表情になれる感じで、心地の良い明るさがあって
観終わった後は気持ちが良いです♪

25番の写真はいったいどんな写真なのかな?って思っていたら
本当に素敵な写真であのシーンは感動しちゃった(ノω`*)ノ
この作品のすべてを象徴するような本当に良い写真でした♪

派手さはないけれど、穏やかでとても良い作品でした♪
明るくて優しいヒューマン作品が観たい人にはおススメです(●ゝω・)ノ

ナイトクローラー

2017.09.09 12:00|映画
犯罪専門のパパラッチとなった男がみせる狂気

主演:ジェイク・ギレンホール 監督:ダン・ギルロイ

偶然事故現場で見かけたパパラッチに興味を持った男が
誰よりもその仕事にのめり込み、やがて超えてはならない一線を越えていく姿を描いたサスペンス作品で
主役であるジェイクの鬼気迫る演技が魅力の作品となっています。

お話は、窃盗を繰り返して小金を得ていたルイスは偶然事故現場に通りかかり
そこで事故や事件などの悲惨な現場を撮影するカメラマンがいる事に気づき、
その撮影した映像がテレビ局に売れるという事に興味を示すのでした。
彼はさっそく盗みで稼いだ金で必要な資材を買い込み、事件現場を見つけては撮影を繰り返し
それをテレビ局に持ち込むと仕事が評価され買い取って貰えるのでした。
ルイスはその事で気を良くし、テレビ局が求めるもっと過激な映像を撮影しようと決めるのでした。

人懐っこいはにかみ顔が魅力のジェイクが一転
ただただ、ひたすらに怖い((((;゚Д゚)))))))
ルイス・ブルームというキャラクターそのものが怖いのもそうだケド、
ジェイクの演技がこのキャラクターを最大限に引き立て
人の心を持たない精神異常者を見事に演じきっています。

この作品すごい面白かったんだケド、とにかく観ていて気分が悪い!
でもその気分の悪さがこの作品の最大の魅力という・・・
ホラー映画とは違う意味での怖さを求める作品となっています。

なので、人によって気分が悪くて観ていられないってなっちゃうだろうし、
こんな人間許せない!って腹ただしく感じてしまうかもしれないんだケド、
それこそがこの作品の正しい楽しみ方なんじゃないかなと思います。

そう感じられるのもこの作品のクオリティーが高く、リアリティーがあるからで
現実にこういう事が繰り返されているのではないかと考えてしまいます。
それだけの説得力があるからこそ、この作品は観ていて気分が悪くなるんじゃないかな?

でもやっぱりなによりもジェイクの演技が本当にすごくて
もうそれだけでも観る価値あり!とジェイクファンな自分は思ってしまいます(_≧Д≦)ノ彡☆
今までのイメージとは違うこんな役柄も演じられるとは!

ストーリーは淡々としながらもテンポよく進み、さらに迫力のあるシーンもあってメリハリもあり
約2時間の本編に対して結構サクサクと観れちゃうのも良いです。
話が暗いし、観ると絶対気分が悪くなってしまうので人を選ぶものの
とってもおススメ出来る1本でした(●ゝω・)ノ

青鬼 ver.2.0

2017.09.02 12:00|映画
同名人気フリーゲームを原作にした大不評だった実写作品まさかのシリーズ2作目

主演:中川大志 監督:前川英章

ゲーム原作の実写ホラーの中でも圧倒的に最低だった『青鬼』
その続編となるのがこの『青鬼 ver.2.0』
前作が本当に観た事を後悔するぐらいに酷かったので、普通の感覚ならまず観ないんだケド
もう逆にどれだけ酷いのかっていう間違った期待を込めて視聴しましたΣ(・ω・ノ)ノ

この作品一応前作の酷評を気にしてか、
比較的原作を意識した内容になっていたんだけれど、
だからなんだっていう・・・。

変わらずストーリーは意味不明、ただ原作の要素を消化していってるだけで
特に面白くなったりとかは全くしてません。

ただ前作程には酷くないので、比較すると相対的によく見えてしまって
この作品悪くないんじゃないかと錯覚してしまうけれど


決して面白い作品ではありません


まんまと乗せられてはダメ!

でも乗せられたところで結局



めっちゃつまんない><

青鬼

2017.09.01 12:00|映画
大人気同名フリーゲームの実写化

主演:入山杏奈 監督:小林大介

ニコニコ動画でカルト的な人気を誇る同名フリーゲームを実写化したホラー作品となります。
プレイした事がないのでファンとしてどうのはないんだけれど、
この手のは観る前から確実に失敗だとわかるので・・・実写化するべきじゃないかと(;´д`)

でも思っていたよりもこの作品





尋常じゃないつまらなさ!



_(:3 」∠)_



これ観るだけ時間の無駄なタイプの作品だょ。。。
本当に中身何にもないし、意味不明で投げっぱなしな展開に
呆れしか感じられません。

とにかく作りが古臭いし、テンポも悪い。
それに加えて出演者の演技が全員下手。
恐怖演出は安易なゴア描写と、邦画のダメなところだけを寄せ集めたかのような酷い作りで
観進めるほどどんどん冷めていきます。

本当になにこれ・・・

同じような「デスフォレスト」とかもつまんないケド、これはそれ以上に酷くて
ここまで酷いのそうそう出てこないんじゃないかな(;´д`)

逆によくここまで酷いのを作れるなと感心しちゃうぐらい
とんでもなくつまらないので、もし観るならすべてを覚悟してご視聴ください。
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ