四象イベントラストスパート

2018.09.23 12:00|グラブル
四象イベントの期間がそこそこあるから余裕だと思ってゆるゆるプレイしていたら
気がついたら最終日・・・

討伐章4種平均150個ぐらいで余裕がない><
夏休み最終日に大慌てで宿題を片付ける子供のような状態で
必死に四象倒し続けて、

四象討伐章達成
ギリギリ30分前になんとか集めきりました(;´д`)

ちゃんと一日のノルマを計画立ててやらないとダメだね・・・。

セル

2018.09.22 12:00|映画
携帯電話を使用していた人々が突然おかしくなり・・・。

主演:ジョン・キューザック 監督:トッド・ウィリアムズ

スティーブン・キング原作・脚本によるSFスリラー作品で、
携帯電話を媒体に、人々が自我を失い狂暴になる様を描きます。

お話は、妻と別居中のコミック作家クレイは、一人息子に会うためにボストンの空港で飛行機を待っていると
突如、周囲で携帯電話を使用していた人々が一斉におかしくなり、次の瞬間他の人たち襲い、殺害し始めるのでした。
空港内はパニックとなり、慌ててその場から逃げ出すも、異常は空港内だけではなかったのです。

ゾンビではないんだケド、他のゾンビ作品との見分けはつかないので
めんどくさいとゾンビって言っちゃうかなぁ(;´д`)
ゾンビと違って独自の社会性があるのが特徴なんだけれど、いまひとつ個性がなく、表現もしきれていないから
オリジナリティに欠けます。

作品としても序盤の出足は迫力も勢いもあって好感触だったものの、
そこで予算を使い切ったのか、それ以降失速していき
画面が真っ暗で何が起きているのかわからないし、動きもどんどん無くなっていき絵が地味になり、
ひたすら単調で退屈なだけなってしまい飽きてしまいます。
ストーリーもだんだんよくわかんなくなっていくし、理解しようとする気失せるので、
観進めるほどにつまらなくなっていきます><

ストーリーはまだ我慢できたんだケド、
演出じゃなく、誤魔化すために画面真っ暗で何も見えないのは許せないなぁ。
それならまだ全体を見せず一部分だけを見せる手法の方が良いと思う。
ただひたすら黒い画面を見る事ほどつまらない事はないよ!

序盤は良かっただけに本当にがっかりな作品でした。
よっぽど物好きな方以外は視聴はやめておいた方がいいかな(;´д`)

アーカルム召喚石

2018.09.19 12:00|グラブル
アーカルムの召喚石もそろそろ取得を目指そうかなと考えていて

ジャスティス1
これ欲しい

ジャスティス2
初期段階でも加護で攻撃60%あるから今使ってるのより火力も上がるし
サブに置いてもHP底上げ出来て良さそう。

でも、他のアーカルム召喚石も強力だし
ガチャ産の強い召喚石が手に入ったら役割取られる可能性があるこれは
要求物資に見合うだけの価値があるかを考えると悩みます><

現状だと初期段階でも確実な戦力アップに繋がるから魅力的なのは確かなので、
出来れば欲しいんだケド・・・
取ったら取ったで後悔しそうでなかなか決められないところです(;´д`)

ネイル女子

2018.09.17 12:00|びぃ
ネイル女子
マットの上でくつろいでいるようにみえる?

実はこれマットに前足の爪が引っかかって身動きが取れなくなっています(;´д`)

爪切りが大嫌いなうえ、自分で爪を噛んで尖らせるのが大好きなびぃちゃん
そのせいでよくこうして爪が引っかかって大変な事になるけれど、
決して反省する事はなく今日もネイルケアに夢中です。

COP CAR/コップ・カー

2018.09.15 12:00|映画
家出少年たちがパトカーを盗んだことで始まる惨劇。

主演:ケビン・ベーコン 監督:ジョン・ワッツ

10歳前後の家出少年によるスタンドバイミー的なロードムービーのようで
恐ろしい犯罪の影がちらつくサスペンス作品となっています。

お話は、家出した二人の少年があてもなく彷徨っていると、
町外れの林の中に停められたパトカーを見つけ、持ち主であろう保安官もいないので
二人は車内に乗り込みふざけ合っているうちにキーを見つけ出した事からそのままパトカーを運転し走り出します。
彼らにとっては家出ついでの悪ふざけの延長ではあったものの、
持ち主の保安官にはこのパトカーの中に決して他人に知られてはいけない秘密を隠しており、
なんとしてでも盗んだ二人を見つけ出そうと執拗に彼らに迫ります。

パトカーを子供に盗まれる時点でかなりの大事なんだケド、
そのパトカーの中に保安官の犯罪の証拠が隠されていたためにそれはもう大変な事態!
なハズが、家出少年のロードムービー的な側面のせいかどことなくゆるさがΣ(・ω・ノ)ノ
設定やあらすじに対してそんなに緊迫感がありません。

が、

終盤になると一転。
あくまでこの作品はサスペンス作品である事を思い出させてくれる狂気の中に
子供たちが飲み込まれてしまいます。
これがしっかりとメリハリになっていて良かった!

全体的に見ると、ずっと命を狙われ続けたりとかはないし
細かい設定とかは一切なく、具体的な背景は見えてこないんだけれど、
それでも作品を楽しむにあたり必要な情報はちゃんとあるし、テンポも悪くないので
見た目には結構地味なのに飽きることなく観進められるから、かなり良く出来ていると思います。

ジャンル的にも内容的にも人に勧められるような作品ではないんだけれども、
なかなか面白い作品でした。
ハマる人にはとことんハマるんじゃないかな?
| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

もやしっこ

Author:もやしっこ
(あやせむぎ&こむぎ)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

  • ページトップへ
  • ホームへ